カテゴリ「観光」の記事 Feed

2018年11月30日 (金)

世界遺産巡りの旅

私たちの職場の自慢は、なんと言っても

「充実した長期休暇」の確保。

地元の友人たちからも羨ましがられる、

通称「旅行休暇」は、何と7日間!!

(しかも、年間に7日間×2回!!)

私の楽しみは、この2回の機会を利用して

日本を離れ、海外旅行へと飛び立つことです。

カンボジア・マレーシア・タイ・台湾・韓国・・・と、

これまでにアジアの各国を旅して回ってきた私が

今回チョイスしたのは、「ベトナムのダナン」。

直行便✈で4時間40分のフライト。

空港に降り立ち、異国の空気を味わってすぐに、

ダナン郊外にある五行山へ。

山そのものが大理石から出来ているため、

マーブルマウンテンとも呼ばれています。

五行山の見どころ。

やはり数々の神秘的な洞窟や寺院でしょうか。

Dsc_0872_2

Dsc_0903

Dsc_0909

洞窟の中

Dsc_0875_2五行山からの景色。

暑い中でしたが、行く価値アリでした。


Dsc_0946

Dsc_0950_2

ハン市場。見ているだけでも独特の雰囲気。

Dsc_0943

こちらは現地のタクシー運転手さんに紹介して

もらった料理店「MADAME LAN」。

庶民的・・・ではなく、旅行客向けの雰囲気。

上品で清潔感のある店内にて頬張ったのは、

定番の「生春巻き」。

Dsc_0934

Dsc_0936

Dsc_0935

お肉・・・かと思いきや、白身魚の甘辛煮。

しっかりした味付けで、タイガービールが進むっ!。

Dsc_0960

大聖堂にも立ち寄って・・・。

Dsc_0978ダナン駅。

ベトナムの南北を結ぶ、「ベトナム鉄道」。

私が “バイブル” としている書籍。

「地球の歩き方」。

これまでに何冊かの旅行書籍を試したものの、

自分にとって最適だと感じたのは

この「地球の歩き方」。

ここ数年の旅のお供として、

手放せない存在になっています。

Dsc_0980長距離移動の手段として選択したのは、列車。

「タクシーをチャーターして優雅に移動」

よりも、自分の五感を活用して動きたいな、と。

客車の種類には、様々なランクが存在・・・? 

特に贅沢するつもりも無く、無難なランクで。

でも、乗り込んですぐに少し後悔(-_-;)。

日本の列車とはまるで異なる造り。

向い合せ・隣り合わせの間隔も近いし、

家族連れには気を遣うし・・・。

そして何よりも、暑い!!

エアコン付きのランクを選んだものの、

クーラーが稼働して快適なのは、

列車が動いている時だけ、というシステム。

これらも自分で選択して経験したからこそ

得られた知識として、ポジティブな捉え方を

しています。

Dsc_1056 1802年から1945年までの143年間の長きにわたり、

ベトナム最後の王朝がおかれた、「グエン朝王宮」。

この王宮こそが、フエを象徴する観光スポット。

世界遺産に登録されている建築物の中でも最高峰です。

Dsc_1052 王宮のシンボル的存在「フラッグ・タワー」!

1,809年に建てられた高さ17.5mの見張り台です。

フエの市内はフォーン川を挟んで旧市街と新市街に分かれ、

王宮は旧市街に、街の中心やホテルは新市街にあります。

旧市街と新市街は歩ける距離なので、王宮はぷらっと観光できますよ!

Dsc_1076 西欧風の建築様式で1,920年から20年かけて作られた

ヨーロッパ風の建築が特徴。

外見も西洋風で斬新なのですが、内部も素敵! 

天上や壁が陶磁器やガラスの破片でステンドグラスのように

飾られていて見事なのです。

個人的にイチバンお勧めしたい場所です。

(肝心の写真が…スミマセン)


ここに埋葬されているカイディン帝は新しいもの好き、

派手好きだったそうで、西洋、東洋の面白いものを

取り入れたお墓を造ったそうですょ。

『ホイアン』へ。

「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されてます。

Dsc_1119ここが「日本人橋」。

日本人が建築に携わったことが名称の由来。

Dsc_1128様々な国の建築様式が混じり合い、

夜になれば昼間と違い非常にエキゾチックです!

Dsc_1138

ホイアン名物 “ホワイトローズ”

Dsc_1133

「WHITE ROSE(ホワイト・ローズ)」は、

米粉を薄く伸ばしエビのすり身などを包んで蒸し上げた料理。

白い薔薇の花びらのように見えることから名付けられたそう。




そんなこんなで、上手くまとめ切れないほどの内容を

盛り込んだ、女の一人旅。

機内泊を含めて、6泊7日をフルに活用。

こんな旅を1年の内に、なんと2回も楽しんでいます。

ここまでの充実した長期休暇が確約されている葬儀社なんて、

(葬儀社どころかサービス業としても)日本中を探してみても、

当社だけじゃないんだろうかと思っています。

・・・いえ、実際に当社だけのはず。

年間に

あとどれだけの「世界遺産の旅」を経験できるのか。

次回の配信

2018年8月30日 (木)

大阪の珍寺「全興寺」恐怖の地獄堂体験

 大阪は平野区の中央に位置し、関西の珍寺ベスト3に選ばれる「全興寺(せんこうじ)」

珍スポット好きの方にはかなり人気らしく、いろんな方が来られるようです。

この寺は、今から1400年前に聖徳太子が平野の野中の地に薬師如来の像を安置する為に

「薬師堂」を建立され、そこからしだいに町づくりが広がっていきました。

この由緒正しい「全興寺」こそが「平野」発祥の地とも言われております。

 

 一見普通のお寺の様ですが、一歩境内に入れば地獄体験が出来るユニークな寺院!

世にも恐ろしい閻魔大王が待ち構える「地獄堂」

曼荼羅(まんだら)に座って瞑想すると極楽が味わえるという「ほとけのくに」があり

地獄極楽が同時に体感できる「関西の珍百景スポット」

期待と不安を胸に 早速、全興寺を体験してみたいと思います。

 

P1000548

商店街のアーケードに面した入口。

赤ちょうちんが沢山飾られ何か起こりそうな雰囲気をかもし出しています。

P1000546

ネパールより両国の友好のシンボルとして送られたマニ車(経車)が並んでいます。

マニ車の中にはお経が収められていて、手でまわすと、

お経を一巻お唱えするのと同じ効果があると言われています。

 

P1000544

本堂は建て替えられて400年の歴史があり本尊の木造薬師如来坐像は

平安時代中期につくられ大阪市指定文化財に認定されているそうです。

 

それではいざ地獄堂へ! 

Photo_2

Photo まずは門の前でセルフチエック!

自分が極楽行きか地獄度行きをチェックできます。

正直に質問(10問)に答えていくと、あなたが死後、しあわせな極楽に行けるか、

暗くておそろしい地獄に行くのかがわかります

P1000521ここが今回ご紹介したい地獄堂です。 

P1000526

閻魔大王はまさに地獄界の象徴!

地獄堂の正面には、死後の世界にいるとされる閻魔大王が座し、

迫力ある鬼達地獄の裁判員が両サイドからにらみをきかせています。

 

P1000528リアルで怖い鬼達(ノω<;)


P1000530
10人の裁判官の前で裁きを受けるので嘘をていても通用しません。 

 

Photo_3そして、この真ん中のドラを打つと右側の鏡に、恐ろしい地獄絵図が流れます。

 

P1000532

この鏡、浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)と言われ、

亡者が善い人か悪い人かが映し出される真実の鏡みたいです。

嘘をついてもすぐ分かり、舌を抜かれてしまうのでご注意を! 

※ただし、ここで流れる映像はかなり迫力があり怖いです。

   大人でも気が重くなるのであしからず!

P1000522

P1000523

実際に地獄の釜の音が聞こえるとの事で早速頭を入れてみました。

どんな音が聞こえるかは実際に体験してみて下さい。

 

 

 つぎは「ほとけのくに」を紹介します。

地獄堂を出て奥へ進んでいくと「ほとけのくに」と書かれた

地下に通じる階段があらわれます。

Photo_4

  P1000539

Photo_5

階段の手すりには八十八か所の霊場の砂が入っています。

一度に八十八か所めぐりをしてる感じです。

  

Photo_6

階段を降りて行くと151体の石仏に囲まれ、中央にはステンドグラスの曼荼羅があります。

ここは、水琴窟(すいきんくつ)という、地中の空洞の中に落下する水滴音が反響して

聞こえる仕組みになっており、なんとも安らぐ空間となっております。

 

靴を脱いで曼荼羅の中央に座り、しばし水滴の音色に耳を傾けながら瞑想すると

来訪者に仏の境地を開いてくれるそうです。

地獄堂とは一変した清らかな空間に心が浄化される事でしょう!

 

※地獄堂についてご住職様にいろいろお話を伺いました。

もともと江戸中期からこのお寺には閻魔像がありましたが見学するだけの地獄堂でした。

毎年の地蔵盆などで集まった近所の子供たちに紙芝居で地獄の話をすると、

子供たちは真剣な眼差しでご住職の話に夢中になっていたそうです。

そこでもっと多くの方に閻魔大王を通して、人の善悪や命の大切さを伝える為に

体験型の地獄堂を平成元年につくり変えられました。

この先駆的な発想と行動により30年以上たった今では、

テレビや新聞で紹介されるだけではなく、インターネットやSNSを通して

全国各地に広がり珍スポットとして海外からの観光客も年々増加しているそうです。

ご住職様は現代薄れつつある(人の善悪や・命の大切さ)を映像や音声を用いた

新しい地獄堂によって子供の心に分かりやすく表現したとの事でした。

 

P1000518

 「全興寺」そこは訪れる全ての人を楽しませてくれる不思議な世界観を持ったお寺でした。

時には、閻魔大王様の声に耳をかたむけ、自身を見つめの直すのも良いのではないでしょうか。

 

仏光殿オフィシャルサイト