カテゴリ「グルメ」の記事 Feed

2018年11月 7日 (水)

おせち

 

【おせちの意味】

 

おせちとは、古来より、

農作物等の収穫の報告や感謝などの意を込め、

その土地で採れたモノをお供えしていました。

近年では、食文化などの発展に伴い、山海などの

食材を盛り込むようになり、ご馳走として現代の

(おせち)が作られるようになりました。

又、主婦を正月三カ日は家事から解放してあげる為に、

保存がきく食材を集めたモノとしての意味もあります。

 

近年ではおせちの事情が変わり、

身近なスーパーやコンビニで買える様になったことや、

通販や百貨店などは、高級志向者向けの

おせちを作るなど多種多様なニーズに合ったモノを

生み出し、消費者側がそれを求めるようになりました。

 

 

 

 

10173000575

 

 

 

その反面、地方によってやり方は異なりますが、

昔に比べて「おせち」を手作りすることが、

減ってきたようにも思えます。

では、時間が無く困っている人たちの為に、

お正月に向けての

「簡単おせちレシピ1品」を作ってみましたので、

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

【鶏の八幡巻き】

 

 

【材料】

濃口醤油60cc みりん60cc 酒60cc 砂糖大さじ1

酢大さじ1/2 水大さじ1/2(タレ)

鶏肉1枚 人参適量 牛蒡適量 しし唐適量

 

【レシピ】

①鶏を開き、(濃口1、みりん1、酒1)を浸地に浸す

②30分間浸け地から鶏肉を上げ、人参、牛蒡、

しし唐を中心に巻く、

③肉全体を爪楊枝で止めてから

油をひいたフライパンで弱火の状態で

じっくり中まで火が入るように焼く。

④こんがり焼き色がついたら、鶏八幡巻きの地

(タレ)を回しかけながら焼く。

⑤中まで火が入れば、一度冷まして、

固定していた爪楊枝を抜き、カットしたら完成。

 

Photo

 

最後まで閲覧頂きありがとうございました。今後も皆様のお力になれる内容を届けて参りますので、何卒よろしくお願いします。

 

2018年9月 7日 (金)

お弁当

 

厳しい残暑が続いていても、ふとしたときに秋の気配を感じる9月。

 

朝夕は半袖だと少し寒いかな?と感じることも増えてきました。

 

季節が移り変わるのを感じることができる9月には、

 

敬老の日・秋分の日・中秋の名月などの行事もありますし、

 

気候が落ち着いてくれば、外へお出かけする機会も増えてくるこの季節。

 

そんな行事やご親戚の集まり、お出かけにかかせないのが「お弁当」です!

 

近年では、お弁当を含む中食の需要が大変高くなってきています。

 

 

「外食」(がいしょく)

 レストランや飲食店で食べる料理

「内食」(うちしょく/ないしょく)

 手作りの家庭料理を自宅等で食べること

「中食」(なかしょく/ちゅうしょく)

 お弁当や惣菜等、外部の人手によって調理されたものを自宅等で食べること

 

 

料理部でも長年、「仕出し」を中心とするお葬式や法事の食事をメインとし取り扱ってきましたが、

 

年々、「会議弁当」「ハレの日の食事」「お食い初め」「行楽弁当」などの

 

ご注文が増えてきています。

お弁当をご注文頂く多くの方は、

 

おもてなし」

「少し手の込んだ料理が食べたい」

「記念だから形式にこだわりたい」

などの用途でお弁当を用意されているようです。

 

そんな特別なお弁当だからこそ、仕出しの技法を生かし、和の職人が丹精を込めて

 

ワンランク上のお弁当をお作りしています。

 

 

Photo_54

Photo_55




Photo_56

Photo_57

「我々が作るお弁当が、良き縁の橋渡しとなりますように」

 

想いを込めて日々、調理に取り組んでいます。

 

 

是非一度、自慢のお弁当をご賞味下さい!

 

ご注文お待ちいたしております!

 

www.shiki-magokoro.jp

 

仏光殿オフィシャルサイト